仙人日記

雲と自転車に乗って遊んでおります。最近はもっぱら野良仕事に勤しんでおりますが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒江徘徊

チリ地震の影響で太平洋沿岸に津波が押し寄せると、予報が出ている。
和歌山に向かうクルマの中で家のカミさんに『海岸線に近づくな』と釘をさされた。
警報も出ていると言うので、今日のBD-1君散歩の行先に迷った。

神前(こうざき)の某所にクルマをデポし、とりあえずBD-1君を組み立てる。
天気は良いのですが、街中の広報拡声器から津波警報が繰り返し流されています。
嘗てのチリ津波で床上浸水も起こしているとの事ですから、海辺は避けるが宜しいかと。

DSC100228-003.jpg

紀三井寺球場横の遊歩道は「紀三井寺緑道」と呼ぶらしい。
そしてこの歴史あるトンネルを抜けると、海南市に出る。
温山荘前の信号まで達して、そこでマリーナシティ右折か漆器の街黒江へ左折か少し迷ったが、答えは既に出ていたようでした。

DSC100228-015.jpg

黒江の町並みに足を踏み入れると、昭和の時代、いやもっと古い時代から刻まれた歴史に触れることができます。
幼い頃に見た筈の懐かしい光景が溢れています。
津波が襲ってくる日にのんびり観光に訪れる人の居る筈もなく、街中の人影もほんの僅か。

DSC100228-006.jpg

街中の地図でも手に入れようと「紀州漆器伝統産業会館」を訪問する。
「黒江歴史散策マップ」なるものを貰っちゃいました。
館内に可愛いスクーターが2台並べて飾られていて、どうやら塗装は漆塗りらしいです。
自転車にも塗ってもらいたいなぁ~。

DSC100228-021.jpg

九度山人の街中散歩は、自転車で行き当たりばったりに走り、マップはチェックポイントを眺めて東西南北を確認するだけ、自分の現在場所を理解してまた走ると言う単純な方法です。

マップ通りの観光はできるだけ御免蒙ります。
古刹の浄国寺も載っていましたが、きつい坂を登らされますのでカット。

自転車がやっと通れるほどの路地を、経巡るのが面白いのです。
細い路地で見つける光景の中に、自分は確かにこんな場所をかつて過ごしてきた事がある…と。
幼い頃の古い記憶とオーバーラップします。

街角には、お約束通りとでも言いましょうか、赤い丸ポストが残っていました。

DSC100228-029.jpg

路地裏を行ったり来たり…。
木地屋筋・下地屋筋・塗師屋筋・絵屋筋・問屋筋から南の浜まで、厳密にはその境い目など判らなかったのだけれど、まさにうろうろ日中の徘徊行動を存分に楽しみました。
最後に探し当てたのは「黒江ぬりもの館」、情緒ある佇まいのカフェです。写真スポットとしてパチリ一枚撮らせてもらいましたが、もちろんコーヒーなど飲んでいる時間はありません。

その後はr9黒江坂を登り、北口からr135を辿って、道なりに進んでいたら紀三井寺緑道にぶつかってしまいました。
本日の走行距離21.20km。走行時間1:54:37。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 23:47:02|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

九度山人

Author:九度山人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自転車 (475)
ひとりごと (27)
PCのことなど (8)
世界の若者たち (11)
歩いてみたり (11)
ちょっと其処まで (21)
ジョグ君で走る (4)
パーツ・アクセサリー (54)
里山の復活 (95)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。