仙人日記

雲と自転車に乗って遊んでおります。最近はもっぱら野良仕事に勤しんでおりますが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日は押し上げれ~ん

天気がエエンです。
ですので、朝早くから目覚めもエエンです。
今日ならかなり遠くまで走る事ができるなぁ~なんて考えるのですが、身体の方は動いてくれません。
朝食をたっぷり摂ると足まで血流が回ったようで、ヨッシャ動くぞ~と気力が湧いてきました。

しばらくガレージでごそごそしておりましたが、やじシルク号を引っ張り出してエアーを確認し出発したのは12時過ぎ。
昨日は山麓練でしたので、本日は押し歩き又は押し上げ練に励みます。

毎朝すぐ目の前の紀ノ川を挟んで向こう側に眺められる山々なんだが、どうも自転車で行ってみようと言う気にならない。自転車でアプローチしても全然面白くない道ばかりだからだ。
串柿で訪れる四郷の激坂を想像してもらえれば、余程の理由がなければ行きたくない、斜度だけが目立つ道なのだ。

何年ぶりだろうか…。基本は押し上げで、乗る事が出来れば乗車する。それを覚悟で高野口駅傍の旧道を辿ってみる。

PENTAX101006- 008

高野口田原から県道112に出て、すぐに信太神社。
巨木となった樟の樹、紀ノ川を見下ろしてどれほど多くの歴史を見て来たのか。
九度山人は3回目ぐらいの訪問。
MTB時代に2度はやって来た。

PENTAX101006- 011

この尽きるとも思われない坂が連続する道は、高野口駅から一本杉ハイキングルートにもなっているのです。
12時発で13時過ぎまでは自転車にだいたい乗れましたが、その後はほとんど押し歩いています。
遥か彼方、紀ノ川の向こう側に九度山町が見えています。
かなり登って来ましたが、まだまだうねった山道をとぼとぼ歩いて行かなければなりません。

PENTAX101006- 014

15時半ごろに本日のてっぺんまでやって来ました。
前回、MTBでやって来た時は辺りに雪が積もっていて、ハイキングコースの登り口しか見当たらなかったので、ここまで来れずに諦めて引き返した記憶があります。

PENTAX101006- 015

この上が一本杉の山頂らしいのですが、雑草が生い茂る足許の悪い小道を登って行かなければ行けませんので、自転車を放置してまで登頂する気はありません、即刻パスします。

さて、ここまではセメントで綺麗に舗装されて道幅も拡張され、とても歩き易くなっていましたが、それを越えてすぐの道が~ガレガレの地道そのものです。
今回は是非越えてみたいので、ガレ道がどれほど続くか予測できないけれど、しばらく様子見で押して下ります。
こんな所でタイヤが切れたりパンクしたりしては堪りませんしね。

あ、そうそう、かつて数年前に輪童さんが越えたと言うレポを読んだ記憶もありましたので、きっと大丈夫だとの確信がありましたので、時間が掛かってでも突き進みます。

PENTAX101006- 022

やっと視界が開けた所まで出て来ましたが、けっこう続いたガレ場は降りて歩きましたし、下り坂はかなりな急斜面ですのでブレーキを握りッ放しでしたし、ちょっとも楽しい道ではありません。
前の山の頂の向こうに紀ノ川対岸の町が見えています。おそらく妙寺から九度山町辺りか。

里山に降りてからもかなり走ったと思うのだけれど、見覚えのある場所に出て来たのは24号線高野口の外れ、嵯峨谷橋だった。登り口とは数キロも離れていないような。
とてもじゃないが、こちら側から自転車で登って行くなんて気に絶対ならないなぁ。
ガレージ帰着16時50分。

本日の走行距離24.63km。走行時間3:04:39。Av8.0km/h。

ふむふむ、これだけ走りこんでいたら「月うさぎ」への道中、九度山人が心肺停止状態で倒れているなんて事は何とか免れるかなぁ…。
いやいや、本番前に疲労困憊で潰れてるかも知れないな。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/06(水) 20:04:52|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<本日はルート確認へ | ホーム | 本日は夕方れ~ん>>

コメント

一本杉

こんにちは ご無沙汰しています。
岩湧山から一本杉、蔵王峠のルートは私のお気に入りです。
何時も、高野口駅への標識を見て、魅かれますが、
下ったことはないです、戻るのが大変そうですからね!
  1. 2010/10/23(土) 13:30:45 |
  2. URL |
  3. Mike #gsfq/COE
  4. [ 編集 ]

Re: 一本杉

Mikeさん こんにちは。

危ない所でした、先日迷惑コメントの通知手配をしたら、FC2コメントすべてが削除されてしまう事になったようで、迷惑ボックスに直接送られていました。消える前に気が付いてヨカッタヨカッタ。

> 岩湧山から一本杉、蔵王峠のルートは私のお気に入りです。
ええ~、あのガレガレの道がお気に入りなんですかぁ~?まあ、MTBとかの太いタイヤでなら何とかなりそうですが、転けでもしたら間違いなく血だらけになりますよぉ。ゴロゴロの石だらけですし、変にコンクリ舗装なんかしてありますから…痛そうですし。ただ、滅多に人と出会いませんしクルマに邪魔される事もないでしょうけれどね、静かに楽しめます。

> 何時も、高野口駅への標識を見て、魅かれますが、
ええ、バスもタクシーも来てくれませんから、自力でJR高野口駅まで歩かないといけない不便なハイキングコースです…、フツーほとんど誰も歩いてません。

> 下ったことはないです、戻るのが大変そうですからね!
一度R24まで降りて来ると、大阪側に戻るのはどのルートを使っても大変ですよ。自転車乗りにはええ練習コースになるのでしょうが、九度山人にはとてもとてもハード過ぎますわ。

ところで、MikeさんのカタクラシルクR2とロゴマークは似ているのですが、九度山人のやじシルク号でダボつきのタイプはなんと言う車種なんでしょうかね、御存知でしたら教えてください。
  1. 2010/10/23(土) 19:59:39 |
  2. URL |
  3. 九度山人 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/24(日) 18:57:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: No title

Mikeさん こんばんは。

> 古い自転車に対して見識が有るわけでは無いので、詳しい事は解りませんが、
いえいえ、Rー2を所有されているのですから、かなりな目利きと推察いたしますよん。

> シルクの古いカタログがここに載っています。> ご参考になるかもしれません。
ああ、ここGAMIさんとこですね、パンフレット何度か眺めてあれこれ類推しているのですが、どうもはっきりしないのですよ。ひょっとしてやじシルク号ぱっちもんやったりなんかして…。ロゴとかも最近かなり精密にコピーできるらしいのですね。まあ、気に入って乗ってるのでええんですが…。車体の製造番号で製作年度が判るかもしれないな。

> http://cyclotourist.web.fc2.com/special_00.html
どうもお手数かけました、ありがとう御座います。
串柿ポタ、奇襲してください。
  1. 2010/10/24(日) 23:37:35 |
  2. URL |
  3. 九度山人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanadaann.blog10.fc2.com/tb.php/274-7fb5f4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九度山人

Author:九度山人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自転車 (475)
ひとりごと (27)
PCのことなど (8)
世界の若者たち (11)
歩いてみたり (11)
ちょっと其処まで (21)
ジョグ君で走る (4)
パーツ・アクセサリー (54)
里山の復活 (95)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。