仙人日記

雲と自転車に乗って遊んでおります。最近はもっぱら野良仕事に勤しんでおりますが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月うさぎへの道 復路編

たかすみの湯で汗を流し、キャンプ地では宴会が大盛り上がりで鱈腹食べて、飲めぬお酒も手伝って九度山人は桃源郷の心地がしておりました。

cancanさんの作られた素晴らしい案内PDFはこちら

PENTAX101010- 023

キャンプファイヤーにぼんやりあたっていますと、眠くなってきましたので皆さんのお喋りの輪を抜け出して先に就寝です。

犬の鳴き声で何度かぼんやり意識も戻りましたが、もう我慢できなくなった尿意でいやいや起き出したのは明け方の5時頃だったそうです。
まだ真っ暗でしたので自分では時間も判らなかったのですが、犬が騒いだので目が覚めたと言う天神橋五丁目さんに後で教えてもらいました。

PENTAX101010- 028

小雨の降る音を聞きながら眠りに戻り、次に意識が戻ったのはすっかり夜が明けて、晴れ上がった空の下でした。
慌てうさぎさんが朝食を摂ろうとすると、名コックさんでもあるUGの兄♭♭♭さんがホットケーキを焼いてくれました、それも特別メニューで2枚2枚!
おまけにそぼろ卵一皿も追加でサービス。
UGの兄♭♭♭さん、ご馳走様でした。

自分で用意して行った食料のほとんどを持ち帰ってきましたし、おまけにcancanさんのおでんも貰ってきたので、非常にカミさん孝行の九度山人でありましたって思ったのですが、家に戻ってからカミさんに叱られました。

皆さん朝早くからごそごそされているのに、自分ひとりだけ悪いなぁ~なんて思っていると、ほぼ全員が既に朝食を終えられていたと言うではありませんか。
一番速く寝込んでいるのに一番遅く起き出したのが九度山人でした。
確か朝からの行事は、何も決めていなかったよなぁ…なんてひとり思い巡らせてみます。

今日は下り基調のルートをひたすら戻るだけですので、出発時間もそれほど気になりません。
枚方のなべちゃんが陣中見舞いに来ると言うので、お顔だけでも見て引き上げようと考えました。

h0006158_2.jpg
cancanさんに写真をお借りしました。

と其処へ、最近究めて真剣にダイエット中のSORAさんが、ロード車に跨って乱入です。
キャンプ道具一式をお持ちの筈のSORAさんが、このキャンプに参加されなかったのは、夜中に必ず繰り広げられるカロリー過多の宴会を畏れられての事だと推定されるのですが、いかがでしょうか?

続いて奈良橿原在住のつっち~さんが、良く手入れされた美しいアルプスランドナーで見参です。
お仕事が長引いて昨晩はとうとう来れなかったそうです。
本日は天気にも恵まれましたので、少し走ってみるとの事でその地図を見せてもらいましたが、やはりランドナーならではの走行ルートを選んでおられました。

11時頃まで三々五々帰って行かれる皆さんを見送ってから、居残った者は一応途中まで御一緒する事として、cancanさんたった独りを残し、月うさぎを出立しました。

20101011_113509.jpg
SORAさんに写真をお借りしました

それは九度山人の帰路に沿っての走行ルートでもあります。

つっちーさんはR166の新木津トンネルまで。

ダイエットちうのSORAさんとは津風呂湖方面への分岐点、r16からR370に変わる窪垣内でお別れしました。クルマをデポされている大宇陀道の駅へ戻って行かれました。

なべちゃんは、東吉野の日本狼の銅像を見てみたいとの希望を持っての伴走です。
後で聞くところによると、彼女の本日の走行距離は160kmを越えたそうです!ふヘェッ~。

大阪市内に戻ると言うkikiさんは九度山人が巧みに誘導しまして、適当な所で離脱して良いからと、半ば強制的に同行してもらうことになりました。

結局、下市まで一緒に走り続けて千石橋南詰でお別れしましたが、このお二人は何とその後水越峠を越えての大阪入りを果たされたようです。
kikiさん、えらい遠回りさせてしまって御免なさいね。

h0006158_3.jpg
なべちゃんに写真をお借りしました。

もうお一方は、てっちゃんさんです。
御自宅が岸和田という事ですので、帰還ルートはいろいろあったのでしょうが、九度山人のお誘いに気軽に応じてくださって、なんと九度山手前の橋本橋までゆっくりスピードを合わせて一緒に走ってくれました。
九度山人の拙い記事も読んでくれているとの事で、自転車話をあれこれしながら、疲れも感じないでいつものルートをぼちぼち戻って来ました。
一人で走っているとすぐ休憩するのですが、御一緒する人がおられるとそうも行きませんので、走行ペースがかなり安定します。
紀見峠を越えてから、おそらくR170を辿られたと思うのですが、遅くなっての日没ナイトランにならなかったでしょうか?かなり強力な前照灯を装着されていましたので、心配は無用だと思われますが。

そんな訳で九度山人のガレージ到着は予想外の早さで果たされました。
現地11時30分発、帰着16時20分。

今回の走行距離145.93km。今回の走行時間9:35:54。Av15.2km/h。

二日間、遊んでいただいた皆さんには心より御礼申し上げます。
この楽しくて面白い企画を立ち上げてくれたcancanさんには、おまけにおでんのお土産も頂きまして、ここに重ねて御礼申し上げます。

それと学文路(かむろ)手前で、ブログ見てるよ~って挨拶してくれたMTB乗りさん、今後ともよろしくね、何処かで逢ったらまた声掛けてよ~ん。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/11(月) 23:55:22|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ネット回線故障ちう | ホーム | 月うさぎへの道 往路編>>

コメント

No title

最初は黒焦げにしていたホットケーキがうまく焼けるようになったところに九さんが起きてこられてグッドタイミングでした。

しっかり食べていただいて、最後の1枚を焼き終えたところで、ちょうどボンベのガスも使い切りすっきり終了できました。

また「食べる」サイクリングでご一緒しましょうね。
  1. 2010/10/14(木) 00:33:50 |
  2. URL |
  3. UGの兄♭♭♭ #Z1PjR.Wg
  4. [ 編集 ]

Re: ほんとご馳走様でした

UGの兄♭♭♭さん ようおこし。

いや~、大阪からあのフル装備・あの物量で片道100km以上の走行は、感動ものです。その中身が皆さんのお腹に収まるための食料と機材が大半だったと思うと…頭が下がる思いです。
サービス精神旺盛なUGの兄♭♭♭さんならではの、気合いの入った爆走ですね。
朝、目が覚めるのはだいたい空腹を感じての九度山人に、温かいホットケーキは願ってもない朝食でした。これで帰還に備えてのお腹の準備も充分出来ましたので、お蔭様で帰路もそれほど苦しむ事なくこのキャンプツーリングを終える事が出来ました。
九度山人は食べ方専門ですので少々心苦しい所もあるのですが、UGの兄♭♭♭さんと御一緒できる「食べる」サイクリングは、サイコーでござりまする。
次の機会を楽しみにしております。
ps.さらに修行を積んでおきますよってに…。
  1. 2010/10/14(木) 09:42:47 |
  2. URL |
  3. 九度山人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanadaann.blog10.fc2.com/tb.php/277-35eb69e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九度山人

Author:九度山人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自転車 (475)
ひとりごと (27)
PCのことなど (8)
世界の若者たち (11)
歩いてみたり (11)
ちょっと其処まで (21)
ジョグ君で走る (4)
パーツ・アクセサリー (54)
里山の復活 (95)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。