仙人日記

雲と自転車に乗って遊んでおります。最近はもっぱら野良仕事に勤しんでおりますが。

山のアナタの

山の彼方の空遠く、幸い棲むと人の言う…
山のアナアナアナ…、ねえ、アナタもう寝ましょうよ!

痴楽(4代目柳亭痴楽)がこう言うだけで笑いが起こった昭和の時代は遥か遠くに退き、山の彼方に夢を馳せる若者など何処を探しても見当たらないのが、現代だ。

この時代に生きる若者達は既に判っているのだろう、地球上には最早山の彼方など無くなってしまったのだと。

PENTAX101023- 001

山の彼方(あなた)の空遠く、幸い住むと人のいう。
ああ、われひとと尋(と)めゆきて、涙さしぐみかえりきぬ
山の彼方になお遠く、幸い住むと人のいう
             (カール・ブッセ作  上田敏訳)

この詩にトキメいた世代としては、この季節の山々の夕景色は胸に迫るものがある。
自転車でわずか数キロ走るのも覚束なくなってしまった体力に、山の彼方はますます遠退く。

PENTAX101023- 007

しかし、セイタカアワダチソウの黄色い花粉塗れで走りたくないなぁ…。
誰がこの時代この外来種の蔓延を予測しただろうか?

明日も午後から雨が降るらしいので、急遽asuka号で発進しました。
いつもの広域農道山麓線(一部完成)。
都合3往復。

本日の走行距離35.75km。走行時間2:10:41。Av16.3km/h。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/23(土) 19:33:07|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<もう冬かい | ホーム | およよッ!>>

コメント

No title

「山のあなあな~」は園歌師匠でしょ(当時は歌奴)。痴楽さんは「つづりかた教室」ですネ
  1. 2010/10/26(火) 09:24:18 |
  2. URL |
  3. cancan #0FtB7ubA
  4. [ 編集 ]

Re: No title

cancanさん どうもです。

> 「山のあなあな~」は園歌師匠でしょ(当時は歌奴)。痴楽さんは「つづりかた教室」ですネ
七五調ですので痴楽の「つづりかた教室」でこの詩を聞いたように思い込んでいたのですが、そう言えば歌奴が「あなあな~」とやっていましたね。どうやら記憶の配線がどこかでショートしたようです…。
最近ふっと古い思い出にとらわれる事がよくあります、ただその記憶の糸がかなりこんがらがっているようです。
この詩の作者も他の人の名前が浮かんでいたので、どうにも仕方なくネットで確認したほどですよ。
まあ、もともとがええ加減な性格ですので、笑ってぇ~許して~♭♯、くらはい!
  1. 2010/10/26(火) 17:12:32 |
  2. URL |
  3. 九度山人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanadaann.blog10.fc2.com/tb.php/282-d5718bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九度山人

Author:九度山人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自転車 (475)
ひとりごと (27)
PCのことなど (8)
世界の若者たち (11)
歩いてみたり (11)
ちょっと其処まで (21)
ジョグ君で走る (4)
パーツ・アクセサリー (54)
里山の復活 (93)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード